ツーショットダイヤルは、ようやく女性の供給が追いついてきた?

ツーショットダイヤルは、ようやく女性の供給が追いついてきた?

女性にも性欲があったり、知らない人との出会いに期待したり、そういう気持ちは以前からあったわけですが、社会通念や道徳といった呪呪縛から解放されずに来た時代が長かったのです。自分の性をあけすけに話すなんてことは出来ませんでした。しかも日本には男性の浮気は解消でも女性のそれはあってはならないことといった風潮も強くhttp://www.escort-nikole.com/rinrin-hyouban/特に人妻となった人は解消できない欲求不満を抱えることになっていました。それも1980年代の「金曜日の妻たちへ」といったドラマがスタイリッシュに女性の性や不倫を取り上げたことで、ようやく女性たちも抑圧されていた気持ちを外に表すことが出来るようになっていったのです。
ツーショットダイヤルはアバンチュールを求める女性、寂しい女性、恋愛を求めている女性などを中心に、ユーザーを増やしていったのです。普通の女性誌やレディコミなどに広告を載せ、ツーショットダイヤルの楽しみ方を広く受け入れられるように努力したことも、身を結んでゆきました。そのころ繁華街や駅などで配られているティッシュの広告は、サラ金かツーショットダイヤルのどちらかと言っていいほどだったのです。その時には「私には必要ない」と意にも介さなかった女性が、ふとした時に利用者になるなんてこともありますので、マメな広告展開によって露出させてゆくことは、大変有意義な手法だったのです。
しかし男性はもともとあけすけに自分の性を語れますし、風俗などによって解消させる方法にも躊躇がありません。それに比べて女性はまだまだ開放的ではありませんでしたし、性的な不満は直接的な表現で現れるというよりも「話がしたい」とか「さみしい」という感情で現れます。そこに男女の温度差が生まれてしまい、ツーショットダイヤルでも男性の需要と女性の供給のバランスが悪いという問題は起きていました。しかも女性は無料で男性は有料。「早く会いたいからさっさと本題に入りたい」男性のガツガツ感についていけない女性も多かったのです。思いやりのない男性もたくさんいました。しかし男性側は「自分のやり方が悪いのではないの?」ということには気が付きにくく、「全然会えない!」などと不満を爆発させていたわけです。そこでストレスを軽減させるためにサクラを投入するツーショットダイヤルがあったのも事実です。
いまでは出会いのツールも増えましたので、ツーショットに求める目的もハッキリしてきています。その分ユーザーが成熟してきましたので、女性も使いやすくなりました。ようやく女性の供給も追いついてきたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>